雑貨屋Beansです!ネットショップの雑貨屋を営みながら暮らしに楽しみが生まれそうなお教室も開いています。http://zakka-beans.com  ◆関西のカルチャーでがま口・布ぞうり・英字新聞バッグの教室を開催しています♪大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良◆http://www.zakka-beans.com/zouri.htm


by zakka-beans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

四十九日。

傘餅、四十九日餅とも言うらしい。

今日は父の四十九日の法要でした。
お坊さんにできれば用意しといてくださいといわれて和菓子屋さんあん庵さんに頼んだもの。

つきたての柔らかいお餅。

いくつかの丸い小餅を花ビラの様にくっ付けたお餅を積み重ねて、平べったい大きな円形の餅を傘のように乗せている。

私は実物をはじめて見た。
c0147830_2251343.jpg


大きなお餅は人型に切ったものから旅立つ人があの世に悪いところを
持っていってくださるのだそうだ。

うちのお坊さんは49等分して下さいとのことで人型ではありませんでしたが姉が親族の前で切り分け引き出物と一緒に持って帰ってもらいました。

父は6年前から入退院を繰返し、今年3月に急に倒れてから、何度か生死をさ迷う事もあり、また8ヶ月という時の流れは私たちも父の死を覚悟するにはなくてはならない時間でした。

出来る限り父に会う様にしたし、初めて父の手を何度もさすり握りしめた。

もう恥ずかしいという思いは私にはありませんでした。

それでも父の死は突然に訪れた。
   

 ・・・命というものはなんて突然に行ってしまうのだろう。

長く患っていた父でさえ命の終わる時は本当に突然だった。

信じられないぐらいに突然に。

母の為に引き際を自分で決めたのではないかと母は言う

お通夜から始まる数々の行事。
お葬式、初七日、、・・・・

そうやって儀式を通じて多分私たちは理不尽な命が終わると言うことを認めていくのだろう。

儀式はなにも旅立った人のためにやっているのではない。
残された私たちのためにやっているのだ。

私たちが現実を受けいれることが出来るように。


お葬式やその後のいろんなことに少しバタバタとしていましたが
だんだんと落ち着いて来ています。

今はまだ父の影をあちこちに見つけてしまうのですが・・・

父がいつもの場所で私達を見てニコニコ笑っている気がする。

賑やかな人や場所が大好きだったから。



まだ実感も無いし、父がいない生活にも慣れて無いけど
病院に行く事も無いんだと思うと、まだ病院にいる気がして、会えないのが不思議な感じです。

母も私達も、親族に支えてもらながら、過ごせている事に感謝して
c0147830_2253924.jpg

*********************************************************
◆お申し込み・お問合わせは各お教室へ直接お申込みになります。
☎や講座内容はこちらです。 ⇒ お申込み先番号
皆様のお越しを楽しみにお待ちしております~
*********************************************************

講師養成講座のお知らせ・・・Beansのカルチャーでご活躍してくださる講師
の先生を募集しています。 2015年冬募集(未定)      
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Beans のウェブショップはこちら→★☆★
雑貨屋Beansのfacebookページができました。
twitter始めました♪ ⇒@Beans14
フォローお願いします。
是非、遊びにいらしてくださいね!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 
[PR]
by zakka-beans | 2014-12-21 22:21 | *日々のできごと